0.16mmステンレスたわし

0.16mmステンレスたわしのページ

特徴について

0.16mmステンレスたわしは0.18mmの
1ランク細かい番手という位置づけになります。
線種はSUS304W1

0.18mmとの違いは
・カールの目が細かいのでミッチリしている。
・型崩れに強い。
・1ランク細目の番手である。
・同じ重さなら単価が高い。

0.16mm拡大写真

基本情報

寸法図

【寸法】

  • 100g 幅90mm─高さ75mm
  • 80g 幅85mm─高さ65mm
  • 60g 幅75mm─高さ55mm
  • 40g 幅70mm─高さ45mm
  • 20g 幅55mm─高さ40mm

【引っ張りkg】

  • 2.3〜2.4kg(最大値2.7kg)
    圧延ローラーの表面の状態で引っ張り強さは
    変わりますので参考程度とお考え下さい。

【線厚み】

  • 0.045〜0.060mm

【カール目の大きさ】

  • 平均外径3.2mm

【用途】

  • 20〜30g
  • 0.18mmより目が細かいので小型たわしでもミッチリしていて型崩れに強く、
    使い勝手が良いです。(特に20g)

  • 30〜60g
  • 一般的なサイズ。業務用、家庭用のどちらにも適しております。
    大きさも手に合っているので使い勝手が良いかと思われます。
    特別な箇所でのご使用以外でしたら、 30〜60gが良いと思います。


  • 80〜100g
  • 業者さま向けサイズ。0.18mmより更に、
    中心部がミッチリ詰っていて型崩れに強くなります。
    ミッチリ度 0.13>0.16>0.18という感じです。

他のタワシはこちら 0.18mm 0.13mm 黄銅線 流し取り 

ステンレスたわしに対するご質問など御座いましたらお問い合わせページ
もしくは、下記フォームにてご連絡下さい。(※は必須) 

※お名前
※メールアドレス
※お問い合わせ内容
(300文字)

1日経っても当社よりご連絡が無い場合、
メールアドレスが間違っていますので、再度ご入力頂くか

TEL073-495-2172 FAX073-495-3353

にお問い合わせ下さい。 お問い合わせページ>>

トップページ ステンレスたわし総合>0.16mmステンレスたわし